fc2ブログ
  • 02<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
採用アウトソーシングサービス「採用サポートナビ」は、
採用アウトソーシング 外資系でも評判の
採用代行、採用コンサルティング、採用アウトソーシングのサービスです。

“実効性”“クライアント志向”を最大の特徴とされておられ、
独自のWEBプロモーションの技術と採用ノウハウによって、
クライアント企業様の採用成功をワンストップで提供する事業を行い、
主に採用コンサルティングサービス、WEB関連施策、学生の直接集客、
採用イベントサポート、面接サポート、内定フォロープログラム、採用実務における
オペレーション代行を行っておられます。


とりわけ、採用アウトソーシング 人事において、
「新卒人材紹介サービス」は有効ではないでしょうか?

一般的に、新卒採用とは採用媒体に載せて母集団を形成することに始まり、
説明会・選考・内定出し・フォローという流れになっています。
その為、採用費用も多額の費用がかかってきます。

しかし、新卒採用人数10名以下の会社にとって
多額の費用を支払って学生を大量に集めて選考をしていく必要があるのでしょうか。
そもそも選考で、自社に是非欲しいという学生は限られていると思います。

「新卒人材紹介サービス」によって、事前に自社の欲しい人材をヒアリングして頂き、
自社に合った人材を、独自に集客した登録学生の中から選別して紹介して頂けます。

その為、余計な工数・費用をかけることなく少数精鋭採用を費用対効果高く実現できます。

また、「新卒人材紹介サービス」の採用ノウハウによって
登録学生に自社の情報提供し、採用レベルも一段上の採用を可能にできます。


もう1つで忘れてならない
「中途人材紹介サービス」があります。
中途採用者は即戦力としての期待も大きいのですが、
人材流動化が進んでいる昨今、若い人材でポテンシャル人材を採用したいといった
ニーズも高まりを見せております。
採用アウトソーシング 人材を有効に活用していきたいものです。

サービスの流れとしては、

(1)登録人材の選別
登録学生の中から自社の求める職種や条件に合致した人材を選別し、
紹介して頂く人材の候補者を決めます。

(2)紹介候補者の面談
自社に紹介して頂いた人材の面談を行います。
紹介候補者の求める職種・職場環境・条件等のヒアリングを行い、
自社とのズレがないか確認します。

(3)候補者の紹介
自社に合った人材を選別後、面接を組みます。
一度面接をしてスクリーニングをかけているので
求める条件の人物像に全くズレた学生との面接を避けることが出来ます。

(4)選考中の候補者との連絡
選考結果や評価の連絡を致します。
また、選考中の候補者のサポートを行い、
自社への帰属意識を徐々に高めていきます。

(5)候補者の意思決定までのフォロー
候補者の方が転職先を意思決定されるまでをサポートして頂けます。
自社との条件のズレなどがないように連絡して頂けます。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック