fc2ブログ
  • 02<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
【日比谷花壇クリスマス ギフトサロン】

色とりどりのツリーやリース、
クリスマス限定あったかブーケなど、
日比谷花壇のクリスマス特集がスタート!


【日比谷花壇】【クリスマス】ドライフラワーリース「リース ド ルージュ」

5250円 (本体価格:5000円)

赤いプリザーブドローズとコーディネートされたリボンにセンスが薫るリースです。
毛糸のリボンがあたたかな印象をそえ、ドアやお部屋に飾れば、
やさしい聖夜が訪れます。
高品質なドライフラワーづくりに定評のある蓼科プランツと日比谷花壇が共同制作しました。






【日比谷花壇】【クリスマス】ドライフラワーツリー「ツリー ド ルージュ」

6300円 (本体価格:6000円)

赤とグリーンのグラデーションがやさしいツリーです。
頂きに輝く雪の結晶と赤いローズがクリスマスの華やぎそ添えて。
毛糸のリボンがあたたかさをそえ、クリスマスを待つ部屋を美しく彩ります。







【日比谷花壇】【クリスマス】あったかブーケ「モワルー」

5250円 (本体価格:5000円)

おしゃれなタータンチェックのブランケットに身を包んだ、
コロンと可愛いあったかブーケ。赤いチェックの模様が、
待ち遠しいクリスマスをイメージさせます。
花を生けたら、ブランケットは膝掛けなどに。
あたたかな想いが伝わるブーケです。






【日比谷花壇】【クリスマス】リバティプリント プリザーブドアレンジメント「モービー」

5250円 (本体価格:5000円)

スウィートなピンクのプリザーブドフラワーをいっぱいに詰めこんで、
かすかに揺れるピンクの実も愛らしく。
まるで少女の夢のようにメルヘンチックなプリザーブドアレンジメントです。
大きな花の中に小花が咲く楽しげなリバティプリント
「Mauvey」の布を貼った日比谷花壇オリジナルのボックスとあわせて。






【日比谷花壇】【クリスマス】【ネット限定】ディズニー 「美女と野獣のマジカルローズ(オルゴール付き)」

10500円 (本体価格:10000円)

美女と野獣のストーリーの重要なモチーフである「魔法のバラ」を
マージュフラワーで表現しました。
本物のバラを加工して作られたお花は造花にはない可憐な美しさを備えています。
ガラスドームの中はまるで時が止まったかのような不思議な空間。
数枚の花びらが舞い落ちています。
ドームの底のネジを回すと・・・「Beauty And The Beast 」の音楽と共に
魔法にかかったかのように虹のように色の変わる美しい光が花の足元から照らします。
優しい音色と魔法のバラはいつまでも心に残るサプライズ溢れる夢の贈り物です。
※「マージュフラワー」とは・・・生花を最も美しく咲いた状態で一度ドライフラワーにし、
特殊な樹脂でコーティングして、半永久的にその美しさを閉じ込めた花です。
自然の花を使用していますので、時期や天候によって色や形、
サイズにばらつきがでることもあります。また年月によって
花の色もゆっくりと退色して独特の風合いを醸し出します。





【日比谷花壇】【ネット限定】リバティプリント「ノート&カードボックス」ヌーボー

3675円 (本体価格:3500円)

世界中で愛され続けるリバティプリント。
花柄をはじめ、そのモダンで多彩な柄が人気を集めています。
リバティプリントを施したステーショナリーを、
日比谷花壇のバイヤーがセレクトしてセットしました。
布貼りのノートは、持ち運びにも便利なA5サイズ。
中味は無地ですので、絵を描いたり、文字を書いたり、
お好きな方法でお使いいただけます。日記帳にもおすすめです。
上蓋が布張りのボックスに入ったカード&封筒は、
カードが4種16枚と、たっぷり入っています。
カードを書く相手に合わせて柄をセレクトする楽しみに、
わくわくしますね。
手元に置くだけで華やかで明るい気持ちになるような、
ノートとカードボックスのセットを、ご自身へのご褒美に、
あるいは大切な方への贈り物に、是非いかがでしょうか。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック