fc2ブログ
  • 02<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
暑い夏をエネルギッシュに過ごされていますか?
このように毎日暑いと、電化製品の発熱にも
敏感になってしまいます。

そこで本日は、PC 省エネをご紹介します!

・パソコンは意外に消費電力が少ない!?
・最新のパソコンってこんなにすごい!
・ピークシフトを取り入れたパソコンでの節電のコツ

などなど、暑くなる季節に欠かせないパソコンの省エネのコツを伝授します!

ノートパソコン、世界シェアNo.1のヒューレット・パッカード。
パソコンで賢く節電する方法を紹介したHPのコンテンツです↓
>>http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/others/setsuden/
最新の「Windows® 7」が搭載されているパソコンは、
優れた電力管理機能を搭載しているのも特長です。
一般的な使い方を想定した場合、「Windows® XP」時代のパソコンに比べて、
デスクトップパソコンで約49%、
ノートパソコンで約55%の電力しか消費しません。
最新OSの効率のよい電源管理機能は、
パソコンのスペックが向上するだけでなく、
省エネにも大きく貢献しているのですね。

最新の第2世代インテル® Core™ プロセッサーと、
数年前のプロセッサーを比較すると、同じ内容の操作を行っても
処理に掛かる時間が大幅に短縮されているとの事です。

動画編集などの負荷の高い処理をおこなう機会が多い方ほど
この傾向は顕著となり、
操作時間の短縮は消費電力に大きな影響を与えます。
そですよね、操作時間が短ければ消費電力は少ないと思われます。
最新プロセッサーを搭載したパソコンを使うことは、
それだけで高い節電効果を生むのです。

私が特にためになると思ったことは、
最新のノートパソコンには、
必要に応じてグラフィックスを切り替える
「Switchable Graphic」というものが搭載されているそうです。

たとえば、動画編集やゲームなどの高負荷な操作をする場合は、
高いパフォーマンスを必要とするグラフィックスへ、

日常のインターネットやメールなどを利用する際には、
消費電力が少ないオンボードグラフィックスへ切り替えるなどして、
消費電力をコントロールすることができます。

何と賢いのでしょうか!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック