fc2ブログ
  • 02<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
動脈硬化とは?
血管中に増えすぎた悪玉コレステロールが塊(プラーク)となって
血管を詰まらせてしまう状態のことを指します。

血管が詰まってしまうとどうなるのか?
心筋梗塞や脳梗塞といった、
命に関わる怖い病気をもたらす恐れがあります。

でも何よりも怖いのは、動脈硬化には"自覚症状がない"ことです。
みなさんは、健康診断を定期的に受けていますか?

健康診断を受けることで、
血液検査の数値からコレステロールの異常がわかり、
動脈硬化の予防につながります。
小さな異常でも見逃さずに普段から自分の体のことを知って、
生活習慣の改善を心がけることはとても大切です。

▼是非こちらのサイトをご覧いただき、動脈硬化の怖さを知って下さい!
>>http://www.check-lh.com/
コレステロールには、善玉と悪玉があることをご存知ですか?
血管を詰まらせる塊(プラーク)の材料でもある
悪玉コレステロールが増えすぎると、
血管壁からコレステロールを回収する善玉コレステロールが少なくなり、
とても危険です。

最近の研究から、悪玉コレステロールが正常範囲でも、
善玉コレステロールが少なすぎると、
動脈硬化が急速に進むこともわかってきました。
コレステロールのバランスが大事なんですね。

さて、動脈硬化をもたらす最大の危険因子は、
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの
バランス異常にあるといわれています。
ご自分の身を守るために、
正しい知識と生活習慣の改善を日頃から心がけたいものですね。

動脈硬化の進行をとめる、あるいは動脈硬化を減らすためには、
悪玉コレステロール値をガイドラインの管理目標値まで下げたうえで、
LH比を低下させることが重要との事です。
LH比(管理目標値)は、悪玉コレステロール(LDL-C)と
善玉コレステロール(HDL-C)の数値を元に計算することができます。
健康診断を受けた方は、ぜひ数値を入力していただきご
自身の数値を確認してみて下さい。

LH比(管理目標値)のチェックはこちらから
>>http://www.check-lh.com/

ちなみに自分は、
LDLコレステロール121
HDLコレステロール44
中性脂肪77
で計算してみると、
現段階では、ガイドライン管理目標値を
クリアしています。
しかし、数字は固定ではないので、絶えず
気をつけておきたいものです。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの
バランスの異常を正すことは、
動脈硬化の予防につながり、とても重要です。
動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞などの病気から身を守るためにも、
ご自分のLH比(管理目標値)をチェックされて下さい。

LH比(管理目標値)のチェックはこちらから
>>http://www.check-lh.com/
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック