fc2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03
 さわかみファンドの運用方針は、暴落時に買うという方法をとられています。
サブプライム問題による近年の株価下落により、果敢に買い進めらています。
いつしかの月次レポートに、買い付け資金不足の為、
ゴメンなさい売りを
されているとの事。本来?は、株価上昇(皆が買っている)時に、静かに
売っていくのがファンド方針だそうですが、これだけ安くなった株価を買わない
手はないので、仕方なく一部の銘柄を売り払い、これぞと思われる企業の
株の買い付けをされているそうです。
あと、売られるのは、縁切りとい売り方があると言われていました。
企業の経営方針に賛同できなくなった場合等に、売られるとの事です。

 1月度、さわかみファンド月次レポートを頂きました。
自分は、メールにて配信して頂いています。
少しだけ氣になった箇所があったので、書かせていただきます。
レポート中に、
『世界経済全体が活況を呈するようになるのは、ずっと先のことだろう。』
という一文が書かれていました。
株価上昇時や縁切り時に売るといった売り方針を、
やむ得ない事情により軌道修正されたようですので、
経済情勢を上記の如く見通されているならば、買い方針に対しても、
運用成績が上昇されるような方法を更に、思案して頂ける事を願っています。

がんばれ!さわかみファンド

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック