fc2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03
昨今のサブプライムローンに発端を発した経済不況

株式市場も世界的な低迷を続けています。

”こんなに株価が下がったから、まだ下がりそうだ”

という雰囲気で、投資からもついつい足が遠のいて
しまいがちです。

しかし、皆さんご存知(かと思われますが)、
アメリカの著名な株式投資家、経営者のバフェット氏は、
誰も株を見向きもしない大不況時(←まさに今ですね)に、
将来生き残ることができるような会社(←ここがポイント)を分析して、
二束三文の安いところ(←但し、底値は後でしか分りません)で買い、
それを10年、20年という長期で保有して、世界一の金持ちとなりました。
しかし、これからの激変する相場環境の中で、
長期というものは不確実性が高まることになります。
今回のサブプライムローン問題だって、100年に1度と言われていますが、
次の不況は、何年後か?何十年後か?なんて予測は困難です。
ましてや、”感”だけに頼って株式投資をすれば・・・

プロのアドバイスが受けられば・・・
でも、どこに頼めばいいのか分らない・・・
そんな方に、ご提案です。

論より証拠、下記のリンクを見てください。
『バフェットを超えよう!出島昇の長期投資レポート』
出島昇の資産形成レポート「金のなる木」実績発表


5年連続勝率80%の実績
月刊宝島アナリストランキング2008年度 第3位


出島昇氏の実績ですが、
月刊宝島が毎年発表している恒例の
「日経マネー」「ダイヤモンド・ザイ」「マネージャパン」「ネットマネー」
4誌上に昨年、推奨銘柄を提供した全アナリスト(186人)の中で、
昨年度、アナリストランキング評価3位に入賞。

毎年上位メンバーが入れ替わるなか、
今年で5年間連続のベスト4入り、
安定度NO,1の評価


資産形成レポート「金のなる木」は大変ご好評です。

出島昇氏のスタンスは、3~5年の長期スタンスを前提にしながらも、
1年に1~2度ある当面の天井圏(出島氏は過去8年、
天井圏を80%の確率で的中させています)では
利益確定をし、大きく下げたところを再び買い直すアドバイスを行う予定です。

これがバフェットを超えよう!出島昇の長期投資レポートの意味です。

それでも、まだ、ご心配な方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方にも朗報!
ローリスク・ハイリターン新短期投資法
ズバ株80各コースには
1週間無料体験がありますので有料情報がご覧になれます。
(「金のなる木」は除く)
ご納得いただいてからご入会をご検討ください!

資産形成レポート「金のなる木」のサンプルを御覧下さい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック