fc2ブログ
  • 02<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
ブックオフ オンラインのご紹介です。
ブックオフオンライン

ブックオフオンライン

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

スポンサーサイト



週刊ダイヤモンドのご紹介です。

    ┌──────────────────────────┐
 ○  20年連続 ※書店売上No.1 ビジネス週刊誌『週刊ダイヤモンド』
<□>  ※(社)日本ABC協会1993~2012調べ  



=======================================
★4月8日 月曜日発売 週刊ダイヤモンドの特集は
=======================================
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 実は強いぞ! 日本の農業 】

豊かな国内需要に応えて世界5位の農業大国、日本。
味覚や安全性に厳しい消費者に
鍛えられた農産物の品質競争力は高い。
進取の気性と創造力に富んだ農業企業家は、
減反などの抑制策や既得権益などの艱難を克服し、
アジア・太平洋市場を取り込んで
新たな成長を目指す。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 シェールが起こす3つの革命 】

米国発の「シェール革命」が世界を揺るがしている。
大量の金脈の誕生で、
米国は新たな存在感を際立たせ、
世界のエネルギー資源をめぐる既成概念を
破壊しつつある。
一体、シェールは世界の何をどう変えるのか、
日本は大きな変化に
どう対応すべきなのか。最前線を密着取材し、
革命の本質に迫った。
『週刊ダイヤモンド』定期購読なら最大45%OFF!特典&全国送料無料

年末の大掃除に向けて、読まなくなった本を
ブックオフで売られるのもいいかもしれませんね。
ブックオフオンライン

コミックオトナ買いランキング(12/4~12/10)

1位:ONE PIECE(ワンピース)セット
icon

2位:青の祓魔師セット
icon

3位:聖☆おにいさんセット
icon

4位:鋼の錬金術師(通常版)全巻セット
icon

5位: 君に届けセット
icon
その他オトナ買いはこちらから↓
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
週刊ダイヤモンドのご紹介です。

19年連続 ※書店売上No.1
ビジネス週刊誌『週刊ダイヤモンド』
※(社)日本ABC協会1993~2011調べ
    ☆
    /\
   /★∴\
  (人_人_人)
  /∴∵★\
  (_人_人_人_)
  /☆∴∵∴\
 (_人★人☆人_)
    ̄凵 ̄
^^⌒^^^^^^^⌒^⌒^^^⌒
師走を迎え、いよいよ本格的な冬の到来ですね。



==========================================
★12月10日 月曜日発売 週刊ダイヤモンドの特集は?
==========================================
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 楽天vsアマゾン 日本で勝つのはどちらだ!! 】

インターネットやスマートフォンの普及により、買い物の形態としてすっかり
定着したネットショッピング。その2大プレーヤーである楽天とアマゾンは、
さまざまな業界を巻き込みながら壮絶バトルを繰り広げる。日本市場で勝つの
はいったいどちらなのか、誌面対決を試みた。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 アナログかデジタルか?2013年の「手帳論」 】

2013年を前に、手帳を新調しようとしている人は多いだろう。
街の文具店には、来年の手帳がズラリと並んでいる。一方、周りを見れば
スケジュール管理をはじめ、手帳の機能はスマートフォンに置き換えている人
もいる。確かに今や多様なアプリがそろっていて、ほとんどの作業ができる。
来年の手帳はアナログかデジタルか? この年末の悩ましき問題だ。


特┃集┃3┃
━┛━┛━┛

【 「規模」と「個性」の二兎を追う ホンダの勝算 】

伊東孝紳・ホンダ社長が今期見通しの約1.5倍に相当する「四輪600万台」
販売計画をぶち上げた。かつて、自動車業界の生命線とされた、
「400万台クラブ」を断固否定し、規模至上主義から距離を置いたホンダが、
自社目標を声高に語ることは珍しい。とかく、生産効率、コスト競争力が優先
されがちな規模拡大路線は、これまでホンダの強さの“源泉”であり続けた
個性、技術本位、比類なき革新性といった思想と相いれないものだ。さらに、
計画達成の手段として示された「6地域同時開発」「現地最適図面」といった
マーケットインの開発手法は、技術主導のプロダクトアウトを志向してきた
ホンダの開発方針と乖離しているようにも見える。あえて、明確なターゲット
を定めた伊東社長の真意はどこにあるのか。また、未踏の地へ進むホンダに
「規模」と「個性」の二兎を追うことができるのか。
週刊ダイヤモンドのご紹介です。

 19年連続 ※書店売上No.1 ビジネス週刊誌『週刊ダイヤモンド』
※(社)日本ABC協会1993~2011調べ  



========================================
★11月5日 月曜日発売 週刊ダイヤモンドの特集は?
========================================
特┃集┃1┃
━┛━┛━┛
【 中国 撤退か 継続か 】

年初からの景気減速に尖閣問題という逆風が加わり、日本企業の中国ビジネス
の先行きは不透明感を増している。そんな中、11月には中国の次の10年を背負
う新指導部が誕生する。日中関係が厳しい局面を迎えている今こそ、
中国と日本の関係を冷静に見つめ直す好機とすべきだ。


特┃集┃2┃
━┛━┛━┛
【 偽りと妥協の「原発ゼロ」 】

政府が2030年代に「原発ゼロ」を目指す方針を決めた。しかし、その内実は
すでに幾多の矛盾が露呈し、エネルギー政策の行方は混沌とするばかり。
「ゼロに賛成」「けしからん」と唱えるのは簡単だが、本当は原子力発電所
の存廃やエネルギー政策で、何が可能で、何が不可能なのか。真相を探った。